静岡の占いカウンセラー 興津おきつ寛枝ひろえ公式サイトです。

静岡の当たる占いカウンセラー 興津寛枝
 サイトを見てくださってありがとうございます。占いカウンセラーの興津寛枝です。

 おかげさまで、静岡で大勢の皆さんから「占いが当たった!」「言われた通りになった!」と、高いご評価をいただいています。

 どうしても自分で答えが出せない時、苦しい時、悩んでいる時に占いに行きたくなると思います。

 若いころの私もよくそんな時に占いに行ったものです。

 そんな時、優しく諭して背中を押してくれるような占いカウンセラーでありたいといつも考えています。

 占いも「紫微斗数鑑定」「六甲法占星術」「タロット」「手相」「九星気学」という複数の占いを組み合わせて、精度の高い答えを出すようにしています。

 お友だちに会いに行くようなお気軽な気持ちでおいでください。広いバラ農園の中にある専用ルームでお待ちしています。

興津おきつ寛枝ひろえ

興津寛枝カウンセリングルーム所在地

〒422-8046 静岡県静岡市駿河区中島1185-1
静岡市を流れる安倍川の河口近くにあるバラ農園の中です。
広い敷地内に無料駐車スペースたっぷりあります。

興津おきつ寛枝ひろえプロフィール

 1964年4月静岡県静岡市生まれ。興津寛枝カウンセリングルーム主宰。
 手相・タロット・六甲法占星術・紫微斗数などの多彩な占いを駆使して、恋愛・夫婦・家庭・子育て・職場などで悩む5千人を超える人たちに明快な解決方法を提供してきた “人生改善のプロフェッショナル” 。
 2013年4月から手相などの講座・セミナーを始め、2017年2月よりアンガーマネジメント静岡教室室長。ケアストレスカウンセラー。
 各地教育委員会、ライオンズクラブ、ロータリークラブ、静岡商工会議所、静岡法人会などで講演実績多数。占いを超えた手相学の本『パーミストリー 〜人を生かす意志の話〜』(2013年アドマック出版)監修。
鑑定スケジュールをチェック

高い精度で当たる占いは静岡で! 実績の一例

紫微斗数・六甲法占星術・手相・タロット…と、様々な占いを組み合わせる「総合鑑定」により、精度の高い指摘や理解、そして的確なアドバイスが可能になります。

「紫微斗数鑑定とタロット占いがこんなに当たるとはびっくりだった。占い鑑定で言われたことが当たって、最高の彼に出会えた!」

「友達からの紹介で寛枝先生の占いはすごく当たるとは聞いていたが、恋愛運を上げる時期と方角を占ってもらって大当たりだった。その通りに出会いがあって結婚できた!」

「この人と結婚すると言われて信じられなかったが、占いが本当に当たってその通りになった!」

「◯歳と◯歳で子供を授かると占ってもらったところ、本当にその通り当たった!」

「占いで職場でなにか大きな環境の変化があると言われて本当にその通りになった。そんなに占いを当たるものとは思っていなかったので、後から結果がその通りに出て考えが変わった」

「紫微斗数鑑定は本当に凄い!私の誕生日と生まれた時間だけで主人や子供の性格や適職まで言い当てられてしまった。ここまで当たる占いがあるとは信じられなかった」

「紫微斗数鑑定で病気をした時期を言い当てられ、自分の体の弱いところもその通りに指摘された!」

「横浜や新宿で有名な先生にみてもらったこともあるけど、こんなにいろんなことが当たる先生は初めて。静岡まで占いに来て本当に良かった。感動している」

「1時間で5万円も取る有名な先生のところへ行ったこともあったが、静岡の寛枝先生の総合的で当たる占いに比べてしまうと全然期待はずれだった。もう浮気はしないことにする」

お客様の満足度をグラフにすると?

静岡の当たると評判の占い師 興津寛枝「お客さま満足度グラフ」
 静岡と横浜で2000年から、六命推柱学と算命学の占い師となり。現在では主に5つの占術《紫微斗数》《六甲法占星術》《タローデパリ・タロットカード》《手相学》《九星気学》で運勢・性格診断・相性・適職などを総合的に鑑定することで、99%以上の皆さまからご満足いただいております。
鑑定スケジュールをチェック

新着記事

鑑定スケジュールをチェック

最新記事


6月・・梅雨に入ったようですが、あまり梅雨らしくない日が続いています。
台風もどこかにいっちゃいましたしね(*´∀`*)
家に咲いているあじさいが綺麗です。
あじさいの「花」の部分は、この写真でいうと外側の紫部分ではなく、中央の白い部分だそうですね。
(つい最近知ったんですが・・(^o^;)

先日、西城秀樹さんのことをブログに書きましたので、今日は秀樹さんとプライベートでも仲良くされていたという野口五郎さんのことを書きたいと思います。

野口五郎さんは、六甲法占星術でいうと「東の人」ということになります。

太陽は東から上りますから「東」の人には「始まり」という意味があり「初代運」「独立独歩」というキーワードが当てはまります。

「初代運」というくらいですから、自分からなにかを立ち上げることが多く、それを始める時は苦労を伴いますが、晩年は恵まれるといった意味があります。

西城秀樹さん、郷ひろみさんと共に「新御三家」といわれ、ヒット曲を飛ばし、大人気を博した五郎さんですが、はじめから順風満帆だったとはいえなかったようです。

歌が大好きで歌手を目指していた両親のもとに生まれたこともあり、自然と歌うことが好きになっていったようですが、13歳の時にデビューをかけたオーディション直前に変声期が訪れてしまったそうです。

デビューの話は一瞬で消えて、その時は歌手になることを諦めかけたそうです。

ところが上京したお父さんに「実家に帰りたい」と告げようとしたところ、五郎さんを突き放すように帰ってしまったため実家に帰るきっかけを失った五郎さんは、演歌などのレッスンに励み、念願かなって15歳の時にデビューできたそうです(意図的に突き話したお父さんの愛を感じます)

ところが1曲目の演歌は売れず、ポップス歌手に転向した2曲目がヒットしたそうです。

それからは、レコード大賞を受賞したり、60歳を過ぎた今でもミュージシャンとして活躍されています。

でも新御三家として活躍していた時は、秀樹さんは派手な衣装で派手なパフォーマンスをしており、郷ひろみさんも注目されやすいビジュアルだったことに対し、五郎さんは「派手なパフォーマンスを期待されても自分は違う」と感じていたことや「自分はアイドルではなくただの音楽好きだから」と思っていたことが五郎さんのブログに綴られていました。

東の人は他の人の影響を受けず、自分が好きなことを表現したい・・というところがあります。

そしてシャイなところもあるためかあまり派手なパフォーマンスが好きではない人も多いです。

ところがいざ好きになったら寝食を忘れて徹底的にのめり込むところがあります。

そんなことから仕事が人生の大半を占めやすく、彼女や奥様は二の次になってしまうことが多い傾向があります。

結婚は40代という晩婚だったことからもそれが覗えます。

ですが、仕事のことを理解してくれるパートナーに出会うとパートナーの期待にも答えようと頑張ります。

五郎さん夫婦はおしどり夫婦として知られていますし、奥様は五郎さんがなにか言っても「でも」「だって」などと言い返さないため喧嘩がほとんどないそうですね。

びっくりです(゚д゚)!

お互いに相手をよく理解しているからできると思います。

素晴らしいですね。

そして東の人は男女ともさっぱりしているように見える人が多いのですが、とにかく優しいんですね。

頼られると相手のためにとてもよく尽くします。

子供さんとも友達のようになんでも話せる関係なようですし、秀樹さんともいろんなエピソードがあるようですね。

だからこそ秀樹さんが亡くなってしまってとても落ち込んでしまったのだと思います。

ちなみに「天」の秀樹さんと「東」の五郎さんはとても相性がよくお互いのない部分を補いあえるんですよね。

夫婦だと最高の相性なんですが、ゴルフにいく時にとくに打ち合わせをしたわけでもないのに、秀樹さんがお弁当を用意していたら、五郎さんがお茶かなにかを用意していて「夫婦かよ」と笑い合ったというエピソードも書かれていました。

同じ時代を生きてきて、同じような立場だったからこそ理解できたこともたくさんあると思います。

「そんな人めったにいないですよ」とご本人も語っています。

きっと秀樹さんおご家族ともこれから関わって心の支えになっていかれるんだとうと思います。

「東」の人の性格などについて書きたいことはまだたくさんありますが、今日はこのへんにしておきます。

これからもマルチな才能を持つ野口五郎さんの活躍楽しみにしています(*^^*)