スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

マイケル・ジャクソンの手相

手相講座の教材になるような画像を集めていたところ、あのマイケル・ジャクソンの手相が!!
さすがに世界的大スターの手は、超個性的でした(^_^.)
左手の写真しかなく、不鮮明なので確実ではないのですが、特徴をまとめてみました。

・マスカケ線
感情線と知能線(頭脳線)が1本にはなっていませんが、2本を結ぶ線があります。
積み重ねの末に仕事の大成功を収めるという意味です。

・神秘十字線
これが写真で見ると3つもあります(゚д゚)!
ご先祖に強く守られていて、危機一発の災難を免れる。
また、宗教心が強いので「人のお役にたつ」ことで何倍もの恩恵が受けられる。

・金運線
小指下の金運線がはっきり刻まれています。

・二重頭脳線
2つの頭脳線は全く異なった考え方ができる証。
さらにその先が先別れしていますから、商売の才能があることと創造力があることを表します(楽曲作りなどはこちらの能力かと思われます)

・運命線
手の中央部分からスタートしているので、自力で運を切り開いてきたといえると思います。

以上はマイケルの「光」の部分を表していますが、近年トラブルに巻き込まれたりした「陰」の部分も気になりました。それは・・

・感情線の乱れ(鎖状になっており、情緒不安定を表す。人にどう見られるか絶えず気になっている)

感情線の終点が中指に向かっているのは、自己中心的、無責任を表します。

・頭脳線の終点にはっきりした横線が入っている(障害線)
頭脳線の先に障害線がある場合は神経衰弱やひどくなるとノイローゼ、不眠症にもなります。

・生命線の内側からはっきり2本の横線が入っているのがわかります(障害線)
1本目は30代後半、2本目は55歳くらい。
もしかしたら、本来の寿命はもう少し先だったのかもしれません。

マイケル・ジャクソンが世界で一番成功したエンターテイナーであることは間違いありませんが、光の部分だけでなく同じくらいの陰の部分を背負っていたことも想像に堅くありません。
ステージ上では「神」にも近い存在感で私たちを楽しませてくれましたが、私生活では幼少時に父親から受けていた虐待の傷の影響やマスコミの影響でなかなか心許せる友人もなく孤独だったのかもしれません。

天国に旅だった今やっと本来の自分を取り戻して幸せなのかもしれない・・とも思います。
亡くなった今もなおたくさんの人々に癒しや勇気、感動…