スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

パーミストリー入門講座第四期募集します。

おかげさまでご好評いただいております「パーミストリー入門講座」の第四期募集が始まりました(^^)

近頃頂いた講座の感想は・・
「相手の手をとって手相を見ることで、苦手だった人への自分の見方が変わり、手伝ってあげたい気持ちになった」
「講座前半のコミュニケーションについての話がよかった」
「感動しました!」
「私にとって足りないものがなんだかわかった」・・などなどです。

従来の手相を始めとする占いは、「当たる」ことを目的として使用されることが多いのですが、本講座で行う「パーミストリー」(手相)は、<相手を生かすこと>を目的とします。
手相には、性格や思考、体力などのその人の<持ち物>が表れます。
悪い線が出ていたとしても<持ち物>に過ぎず、イコールその人そのものではないという考え方をします。
良い線が出ていても勿論同様です。

では悪い線の人の場合は、どうしたらいいでしょうか?
たとえば、生命線が弱々しく体力、気力がなさそうだ・・とか何かトラブルが起きていそうな印が掌に現れていた場合です。

占いとして観るのでしたら、「あなたは体力がないですね」とか「何か身内でトラブルが起こりそうですよ」というふうに相手の方に告げると思います。
でも、相手を生かすとすると・・
もちろん線からわかることは伝えますが、体力がなさそうな人であれば、身体を使う仕事よりも頭を使う仕事(企画したりデザインすること)に興味があるかどうかを聞いたりして可能性を探っていきます。

トラブルが起きていそうな線を持つ方には「実際に何かそういったことが起きているかどうか」と起きているとすれば、よくお話をお聞きしてできることを探っていきます。
つまり、手相で善悪を決めるということはせず、あくまでも相手の方のお話を聞きながら、「今できること」を一緒に考えていくということです。

コミュニケーションのための手相ですから、「答え」を出す必要はありません。
相手の方が勇気をもてたり、一歩前にすすめるような気持ちになっていただければいいのです。

こんなふうに手をとって手相を観ることで、ふだん触れられないような話もできて絆も深まります。
親しい人だけれどどうしても一歩が踏み込めない、苦手な人がいるけれどどうしたらよいか悩んでいる方にはぜひご参加いただきたいと思っています。


パーミストリー入門講座
http://admac.jp…

パーミストリー入門講座の感想 「人を生かすこと」

現在行われている「パーミストリー入門講座」の前半で<肯定思考とコミュニケーション>のお話をさせて頂いておりますが、参加されている生徒さんから感想を頂いたので、ご本人に了解を得た上でご紹介させて頂きます。


〜Mさんの感想〜

こんばんは
昨日はありがとうございました。
昨日の講座の中で、「人をいかすこと」ということに感動しました。
同じようなことが、自分の人生の中で色んな形で何度も登場していることに気がつきました。
意識していなくてもこの法則に従って行動している人はうまくいっている。というのも、まったくその通りだと思いました。
きっと私にとって足りていないところなのだと、初めて謙虚にそう思いました。
今回の講座、受講させていただいてよかったです。ありがとうございます。
あまりにも感動し過ぎてメールを送ってしまいました。次回も楽しみにしています。


以上がいただいた感想になります。

「人をいかすこと」というのは、「相手の性格や考えや言葉などの持ち物ではなく、相手の本当の存在そものもを尊重して感謝し、人を生かそうという意志に従って生きること」であると、興津は書いています。またパーミストリー講座でもさらに突っ込んだ話をしてくれています。Mさんの感想は興津のそのような話に感動したということです。

たとえば、私の知人で患者さんから絶大な信頼を得ているカリスマ医師の先生がいらっしゃいます。泌尿器と皮膚科を併設していますが、いつ行っても患者さんでいっぱいです。

とにかくいつもニコニコしていて謙虚。誰に対してもその人の存在を尊重し、「ありがとう」という感謝の気持ちで接しているため、患者さんでなくても1回で彼のファンになってしまいます。もちろん、治療の腕がいいことは言うまでもありませんが。

人生が上手くいっている人は、意識していなくても「人を生かすこと」を当たり前のようにやっています。それを実践することで、相手からも感謝されたり絆が深くなったり、仕事が上手くいっています。

反対に人生が上手くいっていない人は、自分は尊重しているけれど、相手は尊重できていないのかもしれません。

幸せとは何かといえば、良い持ちものを持つ(良い家や車がある、女性であればイケメンの彼氏や高収入の旦那様がいたり)ことではなく、人がいてその中に<居場所>があることだと『パーミストリー』には述べられています。

<居場所>とは、もちろん物理的なスペースの…

カリスマ美容研究家の竹田房子さんの手相

どこにいてもひと目を惹く華やかな竹田さん☆ ミセス日本グランプリのファイナリストで、ご自身のエステティックサロンを経営されています。 初めてお目にかかったのは竹田さんの講演会でしたが、これだけの美貌を持ちながら飾らないざっくばらんなお話しをしてくださったので「素敵だな~」と思いファンになりました(*^_^*)
どんな方なのかもっと知りたい!と思い、エステの予約をして行ってきました(もちろんお肌を綺麗にして頂くことも目的です(^^ゞ 講演会の時とはまた違ったエステティシャンの出で立ちで迎えてくれました。 施術が始まると、程よい圧を加えながらリンパをぐりぐりしていただき、絶妙な痛きもちよさ♪ 終わった時には、フェイスラインがすっきり引き上がったような気がしました(~O~)
さて早速手を見せていただこうと思ったら、快く見せてくださいました。

写真は私の腕が悪くピンぼけしてしまいましたが(^_^;)竹田さんの左手はマスカケ線です。 感情線と頭脳線が一直線につながったものではなく、後天的になったと思われる感情線と頭脳線を橋のようにつないだマスカケ線。 竹田さんのお話によると、離婚された後子供さんを抱え、仕事を3つも掛け持ちされていたそうです。 「大変だったけれど神様はちゃんといるんだよね。誰も大きな怪我も事故もなくやってこれたもの。」 子供さんが大きくなってからは美容の仕事に復帰したけれど、ご自分のお店をたちあげてから今度は経営者としての責任と苦労も。 経営者として常に決断を迫られながらご自分でやってきたために、人に頼らなくてもほとんどのことができてしまう姉御肌のところもあるようです。
右手を見せていただくと、こちらの手の印象は全く違っていて、繊細で慈悲深い女性。 人差し指の方まで伸びた感情線は、相手の気持ちを思いやることを表しますし、全体的に線がそんなに濃くない方は、相手のサポートをすることも得意だったりします。
ご本人にお聞きしたら、やはりそういった部分もあるということでした。 でもあまり竹田さんをよく知らない方、とくに男性は積極的で色っぽい竹田さんを期待する方が多いようで、そうではない一面を見ると拍子抜けしてしまうとか・・・?!
そのギャップに大きな魅力があって素敵だと私は思うのですが・・(^^) でも手相には、今から3年後位に自然体でいられて安心できるお相手が現れ…