スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

変化する手相・・二重感情線、結婚線

手相は変化する、ということをご存じの方もいらっしゃると思いますが、ふだん手相カウンセリングをやらせてもらっていると、実際にそれを目の当たりにすることができるので、とても感慨深いです。

下は20代OLのAさんの4か月前の手相です。

とてもよく気がついて礼儀正しく笑顔が可愛らしいAさんですが、悩みは人間関係だと以前から聞いていました。
「つい困った人の相談に乗ってあげて疲れちゃうんです。頼られると嫌とはいえないし・・。恋愛も同じで、相手に合わせてしまったりして結局無理が来て別れちゃうんですよね・・。」と寂しそうでした。

手相を拝見したところ、感情線が2本あります。
それも上は極端に短く下は頭脳線にくっついている変形です。
感情線が2本ある人は、情も人の2倍で少々のことではへこたれない強さも持っていると考えられます。
だからついつい頑張っちゃうことも想像できます。
でも本当は頑張らなくてもそのままの自分でいられるような人間関係がいいんだよね、と言ったところ、「頭ではわかるけれどどうしても「いい人」でいなければならない、と考えてしまうんです」と言っていました。

そんな彼女が4か月してカウンセリングに来てくれた時、手相がはっきり変わっていたんです(・・)
ぷっつりと別れていた感情線にはっきりした架け橋(線)がかかり、全くなかった結婚線が赤々とはっきり出ていました。
なんとなく外見からも以前とは違った印象を受けました。
以前から可愛いかったのですが、なんとなくしっとりとした女性になったな〜と感じました。
「何か環境などに変化があったの?」と聞くと「大きくは変わらないけれど、友達関係がずいぶん変わりました。 自分が無理しなくてもいい人たちと今は一緒にいるから楽です。」
「恋愛の方は、好きな人は出来たの?」
「今までとは違うタイプの人と知り合っています、まだ付き合うとこまではいってないけれど・・」ということでした。

実はこの彼女、数年前から私のカウンセリングには何回か来てくださっていますが、4か月前に「パーミストリー講座(手相講座)」も受講してくださいました。
その中で「思考」の話をするのですが、「今までの自分のうまくいかない原因」がやっと腑に落ちたそうです。
その結果、行動も変わったので(以前のように周りの人に無理やり合わせなくなった)手相にそれが表れ、現実も変わってきたのだと思…

愛される人、人生うまくいっている人に共通することって・・?

昨夜は「中秋の名月」で満月でしたね。
満月に合わせて(?)半年くらいお休みしていたジャズ・ピアノのレッスンを再開しました。

レッスンにいくとまずは先生が雑談で色々とお話しして下さるのですが、これがとても楽しくてためになる(^^)
人類学をお勉強されていることもあり、理論がしっかりとあった上での人生哲学のような・・。
仕事や生活のことで「こうすると上手くいくよ」ということをご自分の体験をまじえながら、それとなく教えてくれます。
うんうんそうそう、と納得することしきりですが、昨日は、やっぱりこの先生はすごいなと思いました。

先生は県内外で活躍するミュージシャンですが、とにかくいつもニコニコしていてファンが多い。
大きなステージばかりではなく小さな地区のお祭りなどにも参加して、地元の人とステージを作ることをとても楽しんでいらっしゃいます。
ジャズマンだからジャズの名曲しかやらない、というのではなく地元の主婦の方が踊って楽しめるように、親しまれている日本の歌をかっこよくアレンジして、それに合わせた衣装で踊りを完璧に仕上げるように言ったそうです。
皆で一丸となってひとつのことをやることで、地区の人たちの絆が深まるのが楽しみで、そんな頑張っている主婦の方たちを見ていると「とても愛おしい気持ちになる」んだそうです。

それだけでなくレッスンに通う生徒さんも大勢いて、発表会やライブも何度もやっているのですが、誰がどんな衣装を着て何の曲を弾いたかすべて覚えているということを聞いてビックリしました。
「俺は人が好きだからね」とおっしゃっていましたが、まさに1人1人に入れ込んで、相手を生かすことを自然体でやっているようでした。

そういえば、いつも大勢の患者さんで大人気の泌尿器科の先生も「患者さんに恋してるように接している」とおっしゃっていました。
もちろん意図的にできるわけではありませんが、ある時から自然にできるようになった・・とお話しして下さったのが印象的でした。

他にも仕事や生活がうまくいっている人に共通していることは「人を生かす」ことと「集中力」のように思います。
あまり頭で考えず、とにかく目の前のことや人に集中している。
うまくいかなかったらどうしよう・・などと考える余地はなさそうです。

ちなみに手相を見せてもらったら、とってもシンプル。
基本の三大線ははっきり濃く刻まれていま…

ばら園deお茶会始まります。

現在開講中の「パーミストリー講座」でコミュニケーション担当講師(パーミストリー著者)の興津がお話しさせていただいている「人を生かす意志の話」が大変ご好評いただいております。


   日本一に輝いた興津ばら園の「万華鏡」
受講されている皆さんの感想の一部ですが・・
「なぜ私の人生でうまくいかなかったことが繰り返し起きているかがわかった」
「幸せとはどういうことなのか改めて考えさせられた」
といったような内容の感想をいただくことが多く、みなさん「目からウロコが落ちた」ようにすっきり安心されるようです。

また講座を修了された生徒さんからも「またお話を聞く機会があれば聞きたい」などの声もいただきましたので、講座よりももっとゆったりしていて、どなたでもご参加いただけるようなミニお茶会を開催することにいたしました(*^_^*)


私もかつて日々のことに追われる毎日だった頃は、「私の人生これでいいのかな」と思うことが多かったです。
不満や悩みではないけれど、なにか大事なことが抜け落ちているような・・。
答えを探して様々な自己啓発セミナーに通ったこともありましたが、どれもその場しのぎでしかありませんでした。

幸せになるためには「人の存在を肯定する意志を持ち続けること」が必要で、これをすることで誰もがが平等に幸せになれるんだ、ということがわかってきました。
これは興津と出会った頃からずっと言われ続けてきたことですが、時間が経つにつれて深く納得できるようになり、おかげさまでパートナーシップもとても良好で、今やお互いがかけがえのない存在になっています。

幸せになるための条件は、「最低居場所が1つはあること」だと講座でもお話しさせていただいておりますが、それも心から互いを肯定しあえる居場所があれば、こんなに幸せなことはありません。
パートナーでなくても家族、友人、職場などに居場所があれば人は幸せに生きられます。

以前の私たちのように悩んでいる方たちのお役に少しでもたてたらと思い、今回のお茶会も企画してみました。


詳細はこちらをご覧ください

http://www.palmsnet.com/2013/09/de.html

静岡葵ライオネスクラブ様での講演

9月7日に静岡葵ライオネスクラブ様にお招きをいただき、例会の会場となった静岡市葵区にある佐乃春さんにて、「パーミストリー」の講演会をさせていただきました。
講演会とはいっても「お話の会」といった感じで、ふだん行っている「パーミストリー講座」の内容に沿ったお話をさせていただきました。
ただお話を聞いていただくだけではなく、ご列席された皆さんの手を見て回らせて頂いたこともあったせいか大変盛り上がり、高い評価を頂き嬉しかったです。
講座終了後には書籍「パーミストリー」をご購入してくださった方もいらっしゃって感謝の気持ちでいっぱいです。

今回ご列席の皆様の中には70代の方も多かったのですが、皆さんパワフルで若々しく、とても素敵!
中にはシャンソンを歌う、という方もいらっしゃって会場にはその方が歌っていたCDが流れていました(~O~)
もちろん皆さんの手相には充実していることが表れていました。
はっきりと人生に目的がある人に表れる「運命線」や成功や名声を表す「太陽線」や金運を表す「水星線」など、ほとんどの方にありました(・_・)
でも決して自分を押し通すような強さではなく、ほどよいバランスでそれが表れていました。
きっとご家庭と仕事を立派に両立されていることが想像できます。

パーミストリー講座でもお話しているような「人を生かす」ことを日々実践されている皆さんはやはり元気で輝いています。
「まだ70代なんてこれからよ〜」という方もいらっしゃって頼もしい限りです。
私もこれから年齢を重ねることが楽しみになってきました(^^)

静岡葵ライオネスクラブ様には今回大変お世話になりましてありがとうございました。
大変良い刺激をいただき、私も今後の目標ができて感謝いたします☆