スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

函館戦争と土方歳三

北海道函館山から見える夜景。
数年前までは、香港とならぶ世界三大夜景の1つだったそうです(現在は、香港、モナコ、長崎だそうです)
すべて市民の生活の灯でできている素晴らしい夜景☆
思わずため息です(*´∀`)
 昼の表情はこんな感じ。
右側の海は「津軽海峡」左側が「函館湾」だそうです。
海と海の間にあるのが函館の町ですが、幅が一番狭い所で1キロほどの距離だそうです。
 函館といえば五稜郭。
五稜郭は、徳川幕府が箱館開港に伴う防備強化のために築造されました。
どの方角からの攻撃にも備えられるようにこの形にしたとか。。

1868(明治元)年10月、榎本武揚ら旧幕府軍は蝦夷地鷲ノ木に上陸し、五稜郭で蝦夷地領有を宣言するも、新政府軍の反撃に屈し、翌年5月に明け渡しました
いわゆる函館戦争ですが、この戦争で波乱の人生の幕を閉じた新選組鬼の副長と恐れられた土方歳三。

 2004年に放映されたNHKの大河ドラマ「新選組!」では、俳優の山本耕史さんが演じていましたが、実際にも男前だったことで知られています(^○^)
武士よりも武士らしい生き方を貫き散っていった土方を慕うファンは今も多いのです。
そんな土方歳三を六甲法占星術で分析してみました。
六甲法占星術は、人間も自然の一部であると考え、「東・西・南・北・天・地」の六つの方向に分け、性格などを分析します。

性格・・東の気質をもった性質。
「東」は太陽が登る方向なので「始める力」があります。
そのため親とは違った仕事につきやすいことも。
親とは縁が薄いことも特徴で、生死を問わず別れていることも多い。(とくに父親)

土方は多摩の豪農の両親の六人兄弟の末っ子として生まれましが、両親とも結核でまだ幼い頃に死別していて兄夫婦によって育てられたそうです。
呉服屋に奉公に行ったり石田散薬の行商をしたりしていたけれど、少年の頃より「武士になりたい」と常々言っており、実際にそうなったんですね〜(゚д゚)

行動力があるが、けっしてパワフルではなく、派手ではない。
中身はかなりの努力家。

兄のいいつけで薬の行商にいった時、義兄の剣術稽古を見てその魅力にとりつかれた土方は、同時に道場という道場へは必ず立ち寄って、指南を受けていたとか。
新選組の剣術稽古でも高いところで座って見ている近藤勇や芹沢鴨と違い、歳三は自ら胴を着けて汗を流しながら指導していたそうです。

なんでも…

六甲法占星術とパーミストリーで見る俳優 中井貴一さん

先日NHKBSで俳優・中井貴一さんの特集をやっていました。
中井さんといえば80年代のドラマ「ふぞろいの林檎たち」で柳沢慎悟さんや時任三郎さんと共演していたのが印象的です。
2012年のNHK大河ドラマでは松山ケンイチさん扮する「平清盛」の父親役を演じていました。

先日の特集のインタビューの時に見えた右手がマスカケ線でしたが、日比谷シャンテにある手形の左手もマスカケなので、両手マスカケなんですね。

両手マスカケといえば徳川家康公が有名で「天下取りの手相」または「百握りの手相」とも言われ大変な吉相と言われています。

でも天下を取るまでは、親と別れたり、思い通りにいかないことの連続で苦労することも多いようです。

実際に家康公も幼い頃に母親と引き離され人質生活を余儀なくされたり、信長からスパイ容疑をかけられ、正室・築山殿と嫡男・松平信康を熟考の上殺害、切腹させたり、その後も苦労の末に征夷大将軍になり江戸幕府を開いたのは60歳の時。
決して早いとはいえません。

中井さんもわずか2歳で父親の俳優・佐田啓二さんを亡くしていて、父親の記憶は全くないといいます。
絶対に父とは同じ職業にはつかない(俳優にはならない)と決めた子供時代から「じゃあいったい何をしたらいいんだろう・・?」と悩み続け、色んな出会いや体験をしてやっと俳優でいる意義を見出したのはつい最近のことのようです(現在中井さんは53歳です)

マスカケ線を持っている人は「人と同じことをする」ことに興味を持たないようです。
世の中での自分の役割はなんだろう・・など考えるスケールが大きく、個人的な利益などにあまり関心がないようです


また六甲占星術で見てみると、中井さんは「東甲命」→東タイプになります。
東は太陽の昇る方向。
また万象学では、東という場所に対して、「時は春にして朝。始まる時とする。草木まさに芽吹く時とする」といった定義づけをしています。

つまり東タイプは創始者としてのエネルギーにあふれていて、最大の特徴は「始まり」「始める力」だということです。

親とは違った職業につきやすい・・ということもこのためです。
中井さんの場合は、お父さんと同じ職業についていますが、はじめから役者を目指していたわけではありません。

結果同じ職業につきましたが、同じ俳優とはいっても往年の二枚目スター佐田啓二さんとシリアスからコミカルな役までこなす中…