スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

人から「悪い気」をもらったらどうしたらいい?

占いをしていると、相談者の方から「いろんな人の<気>をもらって疲れるんじゃないですか?」と聞かれることがよくあります。

とくに占いに来る人は、イケイケの人よりも問題を抱えていてご相談に来る方が多いわけですから、「ネガティブな感情を持った人=<気>が重い人」に影響を受けるんじゃないかと心配してくださるようです。

たしかに何年か前はそうでした。

1日に10件近い対面鑑定が週5日以上続くと体が重くなったり、凝ったりしたことがあります。

でも今は全然感じなくなったといっても過言でないくらい、影響を受けなくなりました。

以前よりも鑑定のペースが落ちたといえばそうなのですが、理由もあります。

占いを仕事にしていなくても「私は人の影響を受けやすくネガティブな人といると疲れてしまう」という方はいらっしゃると思います。

そういう方に共通しているのは、性格が明るく優しくて人の話をよく聞いてくれる人かな・・と思います。

困ったこと、悩みなどを聞いて相手に同調しているうちに後から「頭が痛くなってしまった」「体が重くて動かない」などの不調を訴えることが多いようです。

ヒーリングをお仕事にされている方はまた違った見解があると思いますが、パーミストリー講座で推奨している「生かす意志」での考え方では、人の影響を受けやすい人は「考え方、感じ方」に原因があると考えます。

1つの物事について真面目にいつまでも考え続けてしまったり、たとえば・・

「あ、この人重いな、嫌だな」と感じてその後「あ、もらっちゃうかも」と気になって考え続けていたり「あの人のあの<重さ>はどこから来てるのかな?なんでなんだろう」と考えつづけたり・・。

逆に人の影響を受けにくい人がいます。

簡単に言えば「考え続けない人」です。

現実生活でやる事が山積みで次から次にやることがある。

または充実した社会生活を送っている。

どちらの場合もふと「嫌な感じ」がしてもそれについて考え続けません。

考え続ける理由に「今起きていることに意味がある」という考え方があり、ある意味そうなのですが、あまり答えを探して無理に理由をつけても「思いこみ」である場合が多く、実際には意味がないことが多いように思います。


それよりも
・過剰に反応しないこと
・それについて考えすぎないこと
・その時「そう感じた(嫌な感じ)」で終わらせて、考えつづけないこと

を心がけた方…

手相のページについて

持ち物手相学についての詳しい情報を「手相」のページに掲載しました。
「コミュニケーションのための手相講座」の内容を予習してみたいという方には特にオススメです。

こちらでご覧いただけます。→ 手相のページ

理想が高いと彼氏ができない?

昨日はアドマック出版にて「パーミストリー入門講座」を開催いたしました。

相手を理解することで、自分も相手も幸せになれる「肯定思考」の話と相手を理解することに役にたつ最強のツール「手相の基本」をレクチャーさせていただきました(*´∀`)

終わった後の感想として「いつも自分の言ったことをくよくよ考えたり、先のことをあーだこーだ考えては落ち込むことが多かったんですが、それは『思考』が主人になって自分が使われているんだということがよくわかりました。
すこし楽になりました。
これから変わっていけそうです」という感想をいただきました。

そして手相に関しては、流年法で「結婚や出会いの時期」「仕事に奮起した時期」「いいことと悪いことが同時に起きた時」などがズバリわかってしまうので、「すご〜い!これが自分でわかればいいですよね!」と言っていただきました(^^)

職場で部下がいる方は「手相を見て相手の性格などを理解することで、何を本当に欲しているかがわかるから、コミュニケーションがうまくいきますよね」という感想も。

貴重な時間もお金も使って講座にご参加いただいているからこそ、ぜひ実際の生活に役立てて結果を出してほしいと思っていますので、こういった感想をいただくのは嬉しいです。


講座の中で少し話が出たのですが、相手を理解することは同性にはできるけれど異性(ご主人や彼氏)になるとむづかしいということがあるかと思います。

なぜか不思議ですが、同性の友達だとお互い理解しあって居心地もいいのですが、異性になると(とくに親しい関係)「こうしてほしい」という要求が多く出がちです。

たとえば「私が30回メールしているんだから同じだけ返してほしい」(ちょっと怖いですね(^_^;))とか「私が言わなくても何を考えているか理解してほしい」(無理だと思いますが・・)などなど・・。

私がこれだけやってあげているんだから、これだけは返してくれないと困る!というような要求を知らずしらずのうちにしていることはけっこうあると思います。

自分の頭の中で相手に「こういう人であってほしい」という「理想」があると、それにそぐわない相手には不満が募ります。

なんでやってくれないの?なんで?なんで?

なんでなんでおばけになっちゃいそうです(笑)

そんな頭の中は言葉にしなくてもなんとなく雰囲気で伝わってしまうんですよね。

私もパー…

どうしても親を許せない時

自分の性格(持ち物)が手には表れていますが、本来の自分の持ち物に後天的に加わった持ち物があります。

本来は「自由奔放」で「のびのびした」持ち物を持った人が環境(親の影響)などで変わった場合です。

聞いてみると「親の影響が強く、違うと思っても反発できず、いつも言いなりだった」ということが多いです。

「じゃあそんな親についてどう思っているの?」聞いてみると「自分の意見はどうせ通らないから、あきらめている、必要以上にかかわらないようにしている」という答えがほとんど。

それは40代〜50代の人も含めてです。

結局のところ、ずっと親の呪縛は続いているということですね。

私も父とはずっとわかりあえませんでした。

とにかく「要求」が多い人で「俺のいうことを聞いていれば間違いない」と反対意見は一つも認めてくれません。

「なぜお父さんはわかってくれないのかな」と悲しくなった時期もありましたが、子供の知恵で「自分を守る」ため、次第に無関心になっていきました。

今はそういう子供に有害な親を「毒親」と呼ぶらしいですね(゜o゜;

はじめて聞いたのでびっくりしましたが・・。

子供を支配しようとしたり、過度に無関心だったり、文字とおり子供にとって「毒」になる親をそう呼ぶそうです。

この毒親による影響が強く、大人になっても会社組織にうまくなじめなかったり、鬱になる人もいて専門の心理外来もあるようです。

ご主人がそうなった場合、奥様も一緒に考えたり悩んだりすると思います。

「あの親は常識をはるかに越えているから、憎しみしかない、関わりたくない」と思うのも当然だと思います。

それも自分とだんな様を守るために必要なこととは思いますが、離れられない時にはどうしたらいいでしょうか?

人を憎く思ったり、嫌うのは「相手に要求しているから」ということになります。

「相手が自分の思う通りにならない」「常識で考えたらおかしいでしょ、直しなさいよ」という気もちが要求です。

たしかに「常識で考えれば」ということもあるし意見は正しいのですが、相手に要求するかぎり、相手も変わらないし、それどころか関係はいっそう悪くなります。

じゃあどうすればいいの?と言った時に「相手を理解する」ことに尽きます。

「そんな相手を許せるわけない」と思いますよね。

「許す」のではなく「理解して相手の行動を予測」するのです。

よく自分と同じ目線で…

手相でわかっちゃう頭の使い方

手相って覚えるのむづかしいんじゃないの?とよく聞かれますが、たしかにそうとも言えます(笑)
「線がいっぱいあるし、どれがどうなの・・?」と手相を全く知らない方は、思われると思います。
私も勉強し始めた当初がそうでした。
ただはじめに手相を見ていただいた時にあまりにも当たっていたので、手相を勉強したい!と思いたったわけです。
ちなみに上の絵(見にくくてすみません(^_^;))に書いてある実線は「頭脳線」といって「性格」「考え方」「適職」などの傾向がわかります。
その中で「考え方」は「頭脳線の長さ」でわかるので初心者にも理解しやすいです。
絵の手の薬指から縦に引いた点線のあたりまで実線が伸びているのは標準の長さ。
それよりも長いと「熟考型」ということになります。
絵の場合だと小指の方まで伸びているからかなりの「熟考型」になります。
こういった線をお持ちの方が会社にお勤めだったら「企画」に関わることをやっていたり、または会社を経営されている社長さんに多いです。
何か目標があれば、それについての方法を徹底的に考えて手抜きしません。
現実処理能力が高いということになります。
そう聞くととっても良い手相という感じを受けますが、短所もあります。
「考えすぎる」ということです。
何かトラブルがおきないか予防策を考えておくことは必要ですが、あまりに考えすぎると寝不足になったり、疲れの原因にもなります。
また時として人に対する要求が強くなりがちです。 「こうしたらこうなるはず」が「こういう時にはこうしてくれないと困る」という要求になりがちです。 とくに親しい人、夫婦、恋人に対して大きくなるようです。
「こうしてくれるはず」が実際にそうならないとストレスが大きくなって、自分が大変になってしまいます。
考え方を変えるというのはむづかしくても「自分がこういう考え方の傾向を持っていて、他の人とは違うんだな」ということがわかれば、納得できて安心します。
自分のことは案外わからないもの。
手相の基本の見方がわかると、自分と他人を理解できます。
ただいま11月開講の「コミュニケーションのための手相講座」受講生募集しています。
自分のことを知りたい!
他人をもっと理解した!という方はぜひご参加お待ちしています(^o^)
http://cosmopalm.com/koza.html