スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

アンガーマネジメント体験講座 第二弾終了

うっかりしていたら、前のブログから2週間もたってしまいました^^;

紫微斗数鑑定やイベントやその他雑用で忙しくさせていただいていましたが、ブログを読んでくださっている方には大変申し訳なかったです。ごめんなさ〜いm(_ _)m

最近では、紫微斗数鑑定もだんだんと深く読めるようになってきて、流年法という見方でたとえば「今年の仕事運」が「吉」でも実際にちっともやる気が起こらない場合の理由が解読できるようになってきました。

お客様からも「すべて納得です。紫微斗数って奥が深い、すごいですね」と言っていただきました。

師匠に比べればまだまだですが・・^^;

そして昨日はアンガーマネジメント体験講座第二弾をふしみや会議室で開催させていただきました。

今まで弊社で開催してきた手相講座に出てくださった方や日本アンガーマネジメント協会のサイトから見つけてきてくださった方全部で5名様が参加してくださいました。

皆さん子供さんがいらっしゃって、すでに20歳を過ぎている子供さんをお持ちの方がほとんどでしたが、「あ〜あ、もっと子供が小さいときにこれを知っていたら自分もイライラせずもっといい子育てができたのに」とおっしゃる方がほとんど。

たしかに子育て中はイライラしますよね。

自分のやらなければならない用事はあるのに子供はちっとも言うことをきかない→時間がなくなって焦る→子供を叱る→自己嫌悪に陥る の繰り返しだった気がします(;´д`)

時々スーパーでぐずったりしている子供がいますが、なぜだだをこねてこまらせるのかというと「だだをこねる(怒る)」前には「お母さんが自分をちゃんとみてくれてない」「寂しい」「悲しい」「嫌だ」という怒る前の第一次感情があるんですよね。

でも自分の都合だけで考えていると子供の第一次感情はさっぱりわからず、それどころか逆にイライラして子供に怒ったりします。

まさに悪循環・・(._.)

大人も同じなんです。

たとえばクレーマーも。

「自分は大事にされていないんじゃないか?」とふだんから感じていて何かのきっかけでそれが「怒り」になります。

自分にも身に覚えがあります。

ガマンや疲れなどが蓄積しているときにスーパーのレジ係りの人がゆっくり作業をしているように見えるとイライラして、心の中で「もっと早く処理してよ」と言っています。

余裕があるときはいいんですけどね。

クレームを…

アンガーマネジメント体験講座を開催させていただきました(^_^)

9月9日にいつもお世話になっているフェイシャル&メイクアップ RUNWAYさんで「アンガーマネジメント体験講座」を開催させていただきました。

サロンのスタッフさんを中心にお客様もご参加くださいました。
こちらのサロンでは、ふだんから先生をはじめ若いフタッフさんも明るく和気あいあいでチームワークの良さがこちらまで伝わってくる感じなので「怒り」とは無縁なのかなと思っていました。

たしかに「怒ること」で困っている方はいらっしゃいませんでしたが、「うまく思っていることが伝えられず諦めてしまう」という方はいらっしゃいました。

「自分が怒ることで相手に嫌な思いをさせたくない」
「そのことで自分も落ち込みたくない」
むやみに相手に怒らないので、感情のコントロールはできているといえますが、自分の中に「伝えたいこと」をためこんでしまうと体調などにも影響が出ます。

まず本当はどんなことを相手に伝えたいのか記録をつけてみてくださいとお話ししました。

その他には、いつも何かに対して不満でいらいらしている人は人生において「損」をしてしまう話もさせていただきました。

たとえば、同じ1泊2万円のホテルの同じ部屋に泊まった2人の感想。
1人は、「あ〜食事も美味しかったし部屋は落ち着けて窓からの眺めもよくて最高だった!」という感想。

もうひとりは「宿泊費2万円にしては食事の内容が粗末すぎる。部屋は思ったより狭いし、なんだか匂いも私が嫌いな匂いがして不快だった」

同じ金額の同じ部屋、そして同じ待遇を受けても人それぞれ反応は違います。
実際にクレームをホテルに言うかはわかりませんが、どちらの方が得で幸せな生き方ができるのか。

結果は明らかだと思います。
アンガーマネジメントでは「クレームを言う人」の怒りの感情が起きる前には「私を大事にしてほしい」気持ちがあるとお話ししています。

なぜなら寂しい、悲しい、疲れた、という気持ちで、心の中の怒りのコップにお水がいっぱいだからです。

こんな気持が素直に言えればいいのですが、自分でも気づかないことがあります。

なんだか最近の私は不満が多くてイライラする・・のであれば私の本当の気持ちはどんなだろう・・?と自分でチェックしてみるといいかもしれません。

またまわりにこんなふうに不満ばかり言う人がいたら「この人はなにか困っているんだろうか、寂しいんだろうか?」と考えて…

アンガーマネジメント受講生募集します。

いよいよ10月から、アンガーマネジメント入門講座が始まります。
怒りの感情と上手に付きあっていきたいという方、自分の感情をコントロールできるようになりたいという方は是非ご応募ください。
「自分の感情のコントロールだから、怒らなくなるためのトレーニングですよね」
と思われている方もいらっしゃると思いますが、怒らなくなるためのトレーニングではないんです。

「怒る必要のあることは上手に怒れて、怒る必要のないことは怒らなくなる」ことがアンガーマネジメントの目標です。
イライラしたくないけどどうしてもだんなのひとことが許せずイライラする、子供に怒ってはいけないと思っていても怒ってしまう、という方ぜひ受講してください。

「怒り」の感情について理解できて、具体的実践方法を知り練習すれば必ず上手になります。
私もアンガーマネジメントを実践して同じことで怒ることがぐんと少なくなり楽になりましたよ(^_^)
ご応募おまちしています。



▶PDFパンフレットはこちらからご覧いただけます。

サイトからのお申し込みも受け付けております。
▶受講申し込みフォーム

紫微斗数鑑定が凄い!

昨年から紫微斗数鑑定を鑑定メニューに取り入れましたが、これが凄い!とお客様に喜んでいただいてます。

その人の生年月日、生まれた時間から「命盤」を作り、12の宮の状態を読みといていきます。

「自分の基本性格」「兄弟(または親友)」「配偶者」「子供」「お金」「体質」「社会運」「部下 同僚」「仕事(適職や自営か勤めがいいかなど)」「不動産 家」「精神的充足 趣味」「両親」が細かく浮き彫りになります。

たとえば、「配偶者」ですが、星の状態によっては容姿までわかってしまいます(゚д゚)!

インテリ系の細面の顔とか、スマートで優しげな雰囲気とか。

もう結婚している方は「確かに家の主人はそういう容姿なんですけれど、なぜ私の生年月日からわかるんですか?」と言われますが、「星」が表す象意そのものだからなんですね。

相談者ご本人にもまだお会いする前に「色っぽい雰囲気の方だろうな」とか「穏やかで知的な雰囲気のする方かな」と想像するとほぼその通りです。

私は紫微斗数鑑定を始めてからは1年なので、まだまだこれからたくさんの方を観させていただいて傾向が初めてわかりますが・・。

仕事についても「勤めには向かず自営がよいが、波乱万丈」という方は、ご自分が経営している会社が経営不振に陥って閉めることになってもまた新しく商売を始めて売上を上げてとり戻すことができます。

もっと驚くのが「流年法」といって10年運、1年運、月運を観ていくやり方です。

「このくらいの時期で夫婦仲が悪くなりましたか?」「離婚はこの頃ですか?」「結婚はこの時期ですか?」「このあたりは仕事がきつくなってやめたくなりましたか?」「この頃体調を崩しましたか?」という時期がぴたりと当たる時には本当に驚きます。

紫微斗数は「この世に産み落とされた瞬間から(もっというと前世から)決まっているその人の一生のシナリオなのだから変えることはできない」と紫微斗数を長年研究されている大家の先生方はおっしゃいます。

大先生方に比べて鑑定数が少ない私でも紫微斗数は運命論(運命だから変わらない)だということは想像がつきます。

でも確かに紫微斗数は運命論なので、親や育ってきた環境は選べないし変えられないことはわかりますが、人間関係は自分次第で変えていくことができると考えています。

今まで「苦手」だと思っていた人に対しても「理解してみよう」という気持ちになっ…