スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

アンガーマネジメント入門講座 出張

先日、静岡県袋井市にある「リアルに結婚出来るひと&地域密着型結婚相談所ライフパートナーズ」さんにお招きいただき、アンガーマネジメント入門講座をレクチャーさせていただきました。

平日の夜間ということにもかかわらず皆様にお集まりいただいてありがたかったです(^_^)

講座終了後も「実際にこんなことで怒っていてすぐに解決できない場合は、どの方法をとればいいですか?」などのご質問をいただきました。

そして講座の内容に対してのアンケートをとらせていただいた結果は・・

・今後役にたちそう 
・多少は役にたつかもしれない 
・あまり役立ちそうにない

以上の3つの選択の中で選んでいただきましたが、全ての方に「今後役にたちそう」とお答えいただきました。
嬉しかったです(*^^*)

「自分の怒りの原因がわかってスッキリしました」
「明日からすぐ使える内容だったのですぐ実践します」

 などの感想も。
励みになります。
わかりやすく、すぐ実践できるメソッドというのがアンガーマネジメントの良さだと思います。
まだこれから結婚するという年齢層も若い方がほとんどだったので、パートナーと良好な関係を築いていっていただくためにも知っていただいてよかったなと思いました。

今回お世話になったライフパートナーズ株式会社の恋愛相談員 土屋まゆみさんがブログ
に講座の様子を書いてくださっているので、アンガーマネジメントにご興味ある方はぜひご覧になってください。

ライフパートナーズ社長の石川さんにも数年前からお世話になっていますが、ロマンチストで優しげな雰囲気の方なので、男性も女性も相談しやすい。
そしてなんといっても実績があります。

2012年〜2016,917までの成婚率が53組!
婚約カップルはそれ以外に10組以上ありますし、交際中のカップルも数字には含まれていません(゚д゚)!
結婚相談所といえどもなかなか成婚という結果まで出すのは大変なことだと思います。
そんな中、着実に成果を得ているのはすごいですよね。

「お寺で婚活」なんてちょっとめずらしいセッティングもありますし、婚活パーティーよりももう少し気楽に楽しむためのパーティーや、結婚前に必要な心得を教えてくれる塾も開催されています(むしろこっちの方が大事かもしれないですね)

私が気になったのは「婚活出張家庭訪問」です。
子供がなかなか結婚に前向きでな…

激昂しやすい人の手相

9月から「アンガーマネジメント」の講座を開講しており、「問題となる怒りタイプ」を参加者の皆さんに自己診断していただいています。

・強度が高い(一度怒ると止まらない、強く怒りすぎる)
・持続性がある(根に持つ、思い出し怒りをする)
・頻度が高い(しょっちゅうイライラする、カチンとくることが多い)
・攻撃性がある(他人を傷つける、自分を傷つける、モノを壊す)

こんな4タイプに分けられますが、1つのタイプだけでなく複数に当てはまる場合もあります。

1つ目の「強度が高い」一度怒ると激しく怒って止まらない人はいったどんな手相をしているんだろう、と興味を持ちました。
そこでインターネットで「見かけと違って怒りっぽい芸能人」で探してみると意外な人が・・。

一人目はミュージシャン、作曲家の坂本龍一さん。
見た目はダンディーで紳士の印象ですが、子供の頃から体格がよく力づくで意思を通すことをためらわない性格だったとご自身で告白しています。

芸能界に入ってからも運転手が気に入らないといっては殴る、蹴るの暴行をして、今思えば本当に申し訳ないことをした、と語っています。

もうひとりはあの寅さんこと渥美清さん。
誰もが知る明るい庶民派スターです。
映画からは想像もつきませんが、息子さんの告白によると息子さんの食器、食事に対する扱いに突然激昂して激しい暴行を加えることが度々あったそうです。
意外ですよね(゚д゚)!

お二人の手形をネットで見つけたのですが、共通点がありました!

左の手相を標準型とすると右の手相が二人の手相のタイプです。
(絵は右手ですが、左手でも同様の性格を持っていると考えます)

標準型は、手のひらの指に一番近いところにある「感情線」がなだらかですが、右の手の感情線は、中指下から急カーブを描いて中指に向かっています。
これは、「自分の欲求のためなら他人の迷惑をかえりみずつきすすむ」または「いったん思い込むと強引に突き進む」という意味があります。
急カーブは激情を表します。
そういえばあのベッキーさんの手形もこの感情線のタイプでした(゚д゚)!

そして「思考」のクセを表す「頭脳線」
これも標準型だとなだらかな傾斜ですが、右手は急カーブで下に向かっています。
標準型だと現実と想像がバランスいいのですが、右のタイプは想像に偏ります。
つまり「思い込みが激しい」と言ってもいいかと思いま…

パーミストリー講座、10月28日に開講します。

不定期に開催している「パーミストリー」講座ですが、10月28日(金)13時〜17時まで1日集中で開講することになりました。

場所は静岡市駿河区中島のアドマック会議室です。
静岡駅からバスに乗ってお見えいただけます。

パーミストリーは「占い」としてではなく、人間理解、性格理解のために “手相” を学ぶ講座です。

今までの受講生の方からも「どうしても腹がたって許せなかった身内をすんなり許せるようになって自分でもびっくりです」と感想をいただきました。
詳しくは

https://brain-m.org/palmistry.html

現在、怒りの感情をコントロールする心理トレーニング「アンガーマネジメント入門講座」も開講していますが、トレーニングをしていてもなかなか許せない相手のことを許せるようになるための具体的なツールでもあります。

アンガーマネジメントを実践する手助けになる講座だと考えております。

ご興味ある方はぜひご検討ください。
残席3名です。
申し込みは

https://brain-m.org/mailform.html

榛原郡吉田町のHerb Barn(ハーブバーン)さんで出張鑑定させていただきました(^_^)

この度ご縁をいただいて榛原郡吉田町にあるベーグルとハーブティのお店「Herb Barn」さんにお邪魔しました。

吉田漁港から西へ900メートル、ホントに海がすぐ裏にある場所にアメリカの片田舎からそのまま運ばれてきたようなバーン(納屋)があります。


ちょうど11時ころには焼き立てのベーグルがスタンバイ(^o^)


ハーブティも種類がたくさん(゚д゚)!


まだ開店前のお店の様子。
木のぬくもりがホッと落ち着く素敵な空間です♬

番外編(笑)☆ お店のスタッフの子供さんがすごい技を見せてくれました!
子供って身体柔らか〜いと改めて感動。
こいちゃん見せてくれてありがとうね(*´ω`*)

こちらはキッシュランチ。飲み物つきで1300円。安い(゚д゚)!
プレートの右端はミートドリアで、容器は小ぶりなもののかなりのボリューム。
キッシュとドリアの間にあるのはトーストですが、クリームチーズ&ブルーベリーソースがまた絶妙♡
満足感たっぷりのプレートです。
ドリアの種類やトーストのトッピングも選べるのでこのプレートは、とっても人気があるそうです。
隣に座っていたお客さんもこのランチプレートのリピーターさんのようで「前もこれ食べたけど、また頼んじゃった!美味しいんだよね、ここのランチ」と言ってました。
「ベーグルランチ」も大人気です。
前回オーダーして美味しかったです(*´ω`*)


興津薔薇園の薔薇を早速生けてくださいました。
木のぬくもり&生花に癒されます。

この日は紫微斗数鑑定が4名。
運勢について深く探っていきます。
みなさんご自分の人生を前向きに歩まれてきた方ですが、これからこんなふうになりそう、という予想を鑑定でしていったところ喜んでくださいました。

人の一生は「今このとき」だけでなく、生まれてから死ぬまでを通しての人生になります。
いいだけの人も悪いだけの人もいないんですよね。
財運はすごいいいけれど人間関係で苦労が多い、またはその逆もあります。
流年法でみていくと運勢が強い時期、弱い時期もわかります。

いずれにしても自分の与えられた環境の中で花を咲かすことができるのは自分だけです。
他の人が変わってくれることはありません。
自分の持っているものを生かして幸せになっていただきたいです。


今度はゆっくり仕事がない時にもお邪魔したいと思っています。
ベーグルやハーブが美味しい…

アンガーマネジメント入門講座開催しました。

先日10月2日にもアンガーマネジメント入門講座を静岡市にある「ふしみや会議室」で開催いたしました。

一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会が協賛している映画「アングリーバード」の公開が10月1日ということもあり、講座の前の時間に予告編を受講生の方に観てもらいました。

すると「あっレッドだ、私このキャラクター好き!」

レッドとは映画「アングリーバード」に出てくる主人公のキャラクターの名前ですが、なんとそれを知っている方がいらっしゃるとは(゚д゚)!

映画のストーリーは、怒りん坊の鳥「レッド」が怒りの感情のせいで問題を起こし「アンガーマネジメント教室行き」になるところから始まります。

アンガーマネジメントの内容についてはあまり具体的に出てこないのですが、いつも自分のことしか考えていない怒りん坊の鳥レッドが、初めて自分のためでなく仲間のために「怒り」を「パワー」に変えて命がけで戦う姿にはちょっとした感動を覚えました。

「怒り」は悪い感情と捉えがちですが、仲間のために怒ることには誰もが賛同します。

いつも怒っていてひねくれ者だったレッドも最後には、皆に感謝されるヒーローになりました。

仲間のため、そして本当に誰かのためになる怒りならいいのですが、実際のところは、残念ながらそうではないことで日々私たちは怒ったりイライラしていることが多いんですね。

なぜ怒るかというと実は他人や起こったことに原因があるのではなく「自分の内側」に原因があります。

自分の中の「こうするべき」が実際に叶わなかったときに怒りになります。

どういうことかと言うとたとえば、夫婦だったら妻が夫に対して「自分が病気のときは気遣ってほしい、それが当たり前」と思っているとして、実際に病気になったとき夫が自分のことをほったらかして遊びにいってしまったりすると「怒り」になります。

それが数回、数年続いて不満を言えずにいると熟年離婚なんてことも。

まるで自分は大事にされていない!と妻は怒っていますが、話をしないとわからないことも。

病気でどれくらい大変なのか?どんな助けが実際に必要なのか?具体的に言わないとわからない男性も多いようです。

自分の「こうするのが当たり前」が相手にとっての「当たり前」かどうかはわからないんですよね〜。

しかもその「当たり前」が自分の気分で変わったりするので、まるで相手に伝わっていないとい…