スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

手相は面白い!

2013年からパーミストリー講座をやっています。

パーミストリー=手相学の意味ですが、当教室でやっている手相はちょっと違います。

何が違うかというと・・

「手相に運命は表れません」

と最初に言ってしまいます(゚д゚)!

では手相で何がわかるの?というと

「手相を持つ本人の主観と第六感」がわかります。

たとえば他人から見て「大変なこと」でも本人にとってそうではないと手に表れないんです。

死にかかったほどの大病をした人でも本人が「大変なこと」と思わないと手に表れません。

離婚や配偶者との死別もしかりです。

過去に手相を見せてもらった人で、配偶者が亡くなった年に「向上線」が出ている女性がいました。

向上線は、勉強や何かを頑張って良い結果を得るという「開運」の意味を表す線です。

この方がご主人が亡くなった時期に「開運の線」がなぜ出ていたかというと・・

「主人が亡くなって悲しかったしこれからどうして生きていこうかと不安にも思いましたが、子供も小さかったのでとにかく仕事を頑張ろうと思って一大奮起して起業したんです。
それまで専業主婦で仕事を休んでいたから、私にとっては大変な転機だったんです。
でもそのおかげで今は仕事で皆さんに必要とされてとっても充実しているんです」

ということでした。

ご主人が亡くなったことはもちろん悲しい出来事でしたが、それ以上にご本人の中ではそのことをきっかけに自分で一大奮起して大きな決断をしたことの方が大きかったんですよね。

また喜ばしい出来事についても手相に出ていないことがあります。

結婚をした人に表れる開運線ですが、結婚しているにもかかわらず手に表れていない人がたまにいらっしゃいます。

それは
昔から幼馴染で一緒にいた人と結婚した。
はじめから家族みたいな気持ちで、あまり異性と意識しない人と結婚した。

という場合などです。

結婚は人生における「大きな決断」だと思いますが、もともと家族のように一緒にいて特別「大きな決断」というふうに本人がとらえていないと手相に表れないんです。

つまり本人の主観とこれから起きることについては「第六感」といえると思います。

ですから本人の考えが修正されたり、行動が変われば手相も変わっていくんですよね。

パーミストリー講座に参加してくださっている方たちの手相がみるみる変わっていくのを目の当たりに見させていただいています。

今年初のささやさんでかき氷を頂いてきました。

今年初の「ささや」さんでかき氷を頂いてきました。

ささやさんは、静岡県牧の原市にある季節限定6月〜9月の土
日のみ営業をしている知る人ぞ知るすごいかき氷やさんです。

私のブログを見てくださる方が夏になると増えるのは「ささや」さんのおかげでしょうか(笑)

ささやさん自身のブログはなく口コミだけでいつもお客さんが満員なのが凄いですよね(゚д゚)!
早いと昼ころには全て売り切れてしまうとか・・。
手作りのシロップですから「仕込み」は大変だと思います。

昨日オープンしたばかりでまだ夏本番前の6月ですが、今日の10時オープン時には、すでに満席でした(゚д゚)!

カウンターに座ったので、かき氷を作っている様子も見えました(^o^)
山盛りの氷・・!! シロップなしでもきっと美味しいかも・・。


お手製のバス停。
なんかほっこりしていいですよね(*^^*)
たしかにささやさんのかき氷を食べるとみんな「えがお」になっちゃいます♡

新作の「タピオカミルクティ」
味も香りもばっちりの絶品でした!!


県外など遠くからお客さんが来る人気店なのも納得です。

今年はあと何回行けるかな〜。