スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

アンガーマネジメント

こんにちは。
私はふだん手相やタロット、紫微斗数などを使ってその方の運勢を占うことをさせていただいています。

仕事として占いを始めてからそろそろ15年がたとうとしています(長いような短いような・・)

はじめは、占いの館で占いをさせて頂いたりイベント出展させていただいていましたが、今では自身の専用カウンセリングルームにて鑑定させていただいています。

そして運勢を占うことと並行して「アンガーマネジメント教室」も定期的に開催しています。

「アンガーマネジメント」とは「アンガー」=「怒りやいらいら」を「マネジメント」=「管理する、コントロールする」ということですが、「なぜ占いの先生がアンガーマネジメントを教えているのかな?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

占いではもちろんその方の基本性格や運命周期、適職、健康、引っ越しの際の方位や金運などひととおりのことを占わせていただいていますが、なかでも私は「人間関係の改善」を得意としています。

気持ちを知りたい相手の性格とご本人の性格を占いで分析した後にタロットを引いて関係性を占っています。

仲がこじれている配偶者や家族との関係性を観てみると相手の気持ちはさほど悪くない、それどころか相談者の方に好意を持っている・・ということがほとんどです。

タロットカードをお見せしながらそれを解説していくのですが

「本当ですかね〜?」

「だって相手は私に対してひどい物の言い方をしたんですよ。私の人格を否定したんだから許せないです」

と怒りが続いている様子です。

どうにか怒りやいらいらの原因が自分にあるかを知っていただきたくて具体的な方法やツールを探していました。

そんな時に「アンガーマネジメント」に出会いました。

アンガーマネジメントでは「怒り」は、相手が自分の理想どおりにならない時に生じると言っています。

すでに静岡教室では「パーミストリー講座」を2013年から開催してきておりコミュニケーションをよくする方法を伝授してきましたが、「アンガーマネジメント」に特化することで更にわかりやすくなりました。

私たちの怒りの原因は相手の言葉や態度にあるように思われがちですが(実際にそれもありますが)もっと深い理由は、実は自分にあるんですね。

自分の理想どおりに相手がならなかった時わたしたちは「いらっ」ときます(がまんしていても同じことです)

占…