スキップしてメイン コンテンツに移動

夫の浮気が発覚 どうしたらいい?

占いカウンセリングをしていると人間関係についてのお悩みをお聞きすることは非常に多いのですが、とくにご夫婦のお悩み、カップルでのお悩みは切実です。

私のところにいらしてくださるお客様は20代の方よりも40歳〜60代の方が圧倒的に多いです。

大人の分別も常識もあり、穏やかに生活していらっしゃるご様子の方が「実は・・」とお話を切り出されて驚くことがあります。

「主人が浮気していることがわかってしまいました。私は離婚したくないのですがどうしたらいいんでしょうか?」

ご主人の浮気・・女性だったら誰しもショックを受けると思います。

今まで信じてきた人に裏切られた・・自分という存在は夫にとっていったい何だったのか?

まるで人格否定されたような気持ちになりご主人を責めたり自分を責める方もいらっしゃると思います。

でも離婚したくない、できれば浮気をやめさせたいと考えていらっしゃるのだったら

自分のショックや悔しい気持ちをぶちまけるのはNGです。

浮気そのものは良いことではない、ということは誰もが知っています。

だから浮気を堂々とする人は少ないわけですが、だからといって「あなた浮気してるでしょ!」と詰め寄ったところで否定されることは間違いありません。

それどころか隠れて密会を続けられたり、余計に燃え上がってしまったら元も子もありません。

分別のある大人世代は、そういう行動をおこす人は少ないと思いますが、夫に悔しい、辛い気持ちを言えずガマンして自分を責めてしまう人が少なくありません。

ご主人が家にいて優しい笑顔を見せてくれたり楽しい会話で気持ちが和んでいる時はいいけれど、外出する時「彼女のところへ行くんじゃないか?」と不安に思ったりいらいらしたり。

どうしたら浮気をやめてくれるかの答えをひとことで言うのであればあなたが「ご主人の一番の理解者になること」です。

「主人が悪いのだから行動を改めるべきは相手でしょ!」と思われるかもしれませんが、そもそも浮気したのはご主人が「妻よりも自分を理解してくれる人が現れた」と感じたことが理由で始まることがほとんどだからです(もちろん他にも理由はありますが)

妻が自分を理解してくれていないと感じている
たとえば
・自分のやっていることに関心がない
・顔を見れば文句ばかり言う
などです。

妻側にも言い分はもちろんあります。

・話を聞いてくれない
・相談しても親身になってくれない
などです。

これはお互いに相手に何かを求める状態になっています。
「要求しあう関係」ですが、これを「理解しあう関係」に変えていってほしいんです。

まずはいったん自分が相手に求めることをやめて・相手が今どんなことに関心を持っているのか?・相手が何に苦しんでいるのか?・相手の本心は?・相手の性格のギフト ・相手の性格のハンデなどを知ることをはじめていただきたいです。

とくに相手の性格のハンデとは、本人も「持たされて損をしている性格」ということになります(わかりやすく欠点とします)

「情に流されやすい」
「プライドが高くてふだん自分の弱みを見せられない」
「感情表現が下手」
などです。

とくに奥様など親しい人の前ではそういう欠点が出がちです。

だから奥さんに嫌われてしまうわけなんですが・・。

そんなところに自分の気分をよくしてくれる異性が出てくれば、そちらに走るのも自然なことかもしれません。
もちろん理性で止められるのならいいですが・・。

誰もが自分の欠点はなんとなくわかっています。
でもそれは自分でもどうにもならないので言われたくないし、できれば認めてもらいたいのが人情だと思います。

「君にはこういう欠点もあるけれど、そこも可愛い」なんて言われたら嬉しいですよね。

そう言ってくれる人の言うことならなんでも聞きたいと思うと思います。

誰もが自分の欠点も嫌わずに理解してくれる人が好きです。

浮気相手が本当に欠点も理解しているかどうかは疑問ですが、現時点では奥さんよりも自分のことを理解してくれていると感じているので、居心地がとってもいいわけです(心の居場所になっている)

じゃあどうしたらいいか?といえば、今までずっと一緒に生きてきた奥さんが自分にとっての一番の理解者だと気づけば浮気はやめて帰ってきます。

「それは夫が浮気している間ずっと私がガマンしなければいけないということですか?」と思われるかもしれません。
ガマンではないんです。

ガマンは、相手に「こうしてほしい」と思う気持ちがあってそれが思い通りにならないために起きるイライラ怒りです。

ガマンは相手に求める気持ちから出ます。
求める気持ちそのものは誰にでもあるし、決して悪いことではありません。
でも、この緊急事態を解決するために、一旦横に置いておいてもらいたいんです。

どうしてこうなったのか相手の考え、行動を理解してみよう・・と頭を切り替えるだけでガマンはかなり減ります。

ガマンは身体に悪く、いい結果を出しません。

それから、自分を責める必要もありません。
これは問題が解決しないどころか悪くなってしまう可能性もあります。

今まで書いてきたことはメンタルトレーニング(自分の苦しい思考から解放されて楽になる方法)ですが、現実的な対処はどうすればいいか?というと

ひとこと「様子がおかしいけれど好きな人でもいるの?」と聞いて後は言及せず様子を見ることをおすすめします。

「気持ちが離れているみたいで悲しい」ということは伝えてもいいと思いますが、その言葉に内に秘めた怒りやいらいらが乗っかってしまっていると相手も素直になれません。

大事なのは「言い方」ではなく相手にとって自分は理解者かどうかということです。

たまに「家のだんなにはいつも彼女がいるけれど、別にそれで問題ないですよ」という女性もいらっしゃいます。

「私のことは一番に大事にしてくれるけれど、弱っている女性がいるとどうしても助けたくなるみたい、主人の性分ですね。 だから主人も隠さず私に話してくれるんです。だから今から女性のところへいくよと夫が言うと私こう言うんですよ『行ってらっしゃい、病気だけはもらわないように注意してねって(笑)』

あっぱれ!ですよね。
ここまで行ければ悩まずすみますが、なかなか出来ないと思います。

でもご主人の性格のギフト(長所)もハンデ(欠点)もよく知って理解しているからできるんだと思います。

相手の性格がわかっていると予測できるし、自分も落ち込まずにすむんですよね。

まず自分を楽にするために「相手を理解しよう」に頭を切り替えてください。

それはなんでもかんでも相手のやっていることを認めて許すということは違います。

少し客観的に自分と相手のことを観察するような感じです。

自分を楽にすると相手の態度も変わってきます。

自分の感情のコントロール(とくに怒りやもやもや嫌な気持ちについて)についての無料相談をやっています

https://anger-m.ws/freemeeting.html

もう一度夫婦ラブラブになれるようお祈りしています。








このブログの人気の投稿

人から「悪い気」をもらったらどうしたらいい?

占いをしていると、相談者の方から「いろんな人の<気>をもらって疲れるんじゃないですか?」と聞かれることがよくあります。

とくに占いに来る人は、イケイケの人よりも問題を抱えていてご相談に来る方が多いわけですから、「ネガティブな感情を持った人=<気>が重い人」に影響を受けるんじゃないかと心配してくださるようです。

たしかに何年か前はそうでした。

1日に10件近い対面鑑定が週5日以上続くと体が重くなったり、凝ったりしたことがあります。

でも今は全然感じなくなったといっても過言でないくらい、影響を受けなくなりました。

以前よりも鑑定のペースが落ちたといえばそうなのですが、理由もあります。

占いを仕事にしていなくても「私は人の影響を受けやすくネガティブな人といると疲れてしまう」という方はいらっしゃると思います。

そういう方に共通しているのは、性格が明るく優しくて人の話をよく聞いてくれる人かな・・と思います。

困ったこと、悩みなどを聞いて相手に同調しているうちに後から「頭が痛くなってしまった」「体が重くて動かない」などの不調を訴えることが多いようです。

ヒーリングをお仕事にされている方はまた違った見解があると思いますが、パーミストリー講座で推奨している「生かす意志」での考え方では、人の影響を受けやすい人は「考え方、感じ方」に原因があると考えます。

1つの物事について真面目にいつまでも考え続けてしまったり、たとえば・・

「あ、この人重いな、嫌だな」と感じてその後「あ、もらっちゃうかも」と気になって考え続けていたり「あの人のあの<重さ>はどこから来てるのかな?なんでなんだろう」と考えつづけたり・・。

逆に人の影響を受けにくい人がいます。

簡単に言えば「考え続けない人」です。

現実生活でやる事が山積みで次から次にやることがある。

または充実した社会生活を送っている。

どちらの場合もふと「嫌な感じ」がしてもそれについて考え続けません。

考え続ける理由に「今起きていることに意味がある」という考え方があり、ある意味そうなのですが、あまり答えを探して無理に理由をつけても「思いこみ」である場合が多く、実際には意味がないことが多いように思います。


それよりも
・過剰に反応しないこと
・それについて考えすぎないこと
・その時「そう感じた(嫌な感じ)」で終わらせて、考えつづけないこと

を心がけた方…

マスカケ線の手相を持った人の性格

さていよいよ12月に入って、なにかと気ぜわしくなってきました(^^)

やはり年内にいろいろなことを決めておきたい!という方が多く、おかげ様で毎日鑑定と講座をやらせていただいてます。

今日はマスカケ線のことを紹介したいと思います。

「マスカケ線」というと徳川家康公と同じ「天下取りの手」とか「百握り」といい「幸運の手相」として話題に登ることも多いですよね。

たしかにますかけ線を持っている人は、全体数からいうと少ないのでそう言われるのもわかります。

じゃ「マスカケ線」の手相を持つ人はどんな人・・?というと一言で表現しづらいと思います。

手相研究家の大先生である浅野八郎先生の著書「手相学大鑑」によると「この手相を持つ人は、性格的に見ると個性の強い人が多いが、感情的にむらがある。
しかし、すぐカッとなるわりには、それを表情に出さないという一面を持っている。」
とあります。

職業だと技術系の仕事の人や医師、エンジニア、学者に多く、知能指数も130以上と高く、判断力、分析力の優れた人にかなり多く見られるそうです。

そして一見近寄りにくい印象を与えるが、本心は思いやりがあり、どんな職業でも全力を発揮して、指導的な役割をする人・・とも。

確かにテレビを見ていて、ゲストのコメンテイターの学者の先生の手がチラっと見えた時に「マスカケ線だった」ということが何回かありました。

最近知り合った心理学の先生の手も見事な「マスカケ線」でした。

風貌は・・というとやはり個性的で、一度見たら忘れない印象に残るタイプです。

ところが専門知識を持った学者さんではなくても主婦の方でも「マスカケ線」を持った人はいます。

「人から『この手相はいい』って言われるけれど、よくわからない」と言ってました。

印象も物腰もやわらかくて優しそう。。とくに個性的な感じではありません。

ただお聞きしてみると長年、子供さんの関係で小学校のPTA役員をやっていらっしゃるそうです。

学校と保護者の橋渡し的な役割で、どちらの問題も解決できるように頑張っていらして、どちらからも頼られる存在、とのこと。

「なんだか気がついたら、自分の子供の卒業後もやっているのよ(笑)人が困っているのを放っておけないし、子供にとって学校は、1日のうちの長い時間を過ごす大事な居場所になるわけだからね」とおっしゃってました。

マスカケ線を持っている人は、正…

覇王線を持つ男性

最強金運線、または億万長者の相ともいわれ、生涯お金に愛されて独立・起業に向くといわれている覇王線です。

運命線、成功線、財運線が1か所を起点として三角形を描いています。

また基本三大線の生命線、頭脳線、感情線がきれいにMの字を描いているように見えるので、好調な運気の波にのって充実している感じがします。

その他特徴的なところは、頭脳線が二股に先分かれしており、さらにそこから3つ股に分かれていることです。

頭脳線が小指方向に向かっているのは、コミュニケーション能力があったり商売に向いていることを表します。
また下向きに傾斜している線は、創造性を表します。
つまり2つの才能を合わせもつ、ということです。

その先もまた細かく分かれているので、かなり器用で色々な才能を合わせもつことが考えられます。
ただ、器用すぎてなかなか方向性が1つに定まらず悩みの種になっているかもしれません。
細かい線(とくに横線)が多いということは繊細で悩みやすいことも表していますので・・。

流年法で見てみますと50才~55才で開運しそうです。
55才くらいで2つの仕事にしぼられ、大成功を収めそうです。
外国に家を持つのか生活拠点も2つになりそうです。

こんな手相を持つ男性は・・

ジャ~ンこんな方です(゜.゜)!
HIroさんは40代ですが、本当にマルチな才能をお持ちです。
まずオールディーズ、グループサウンズ、洋楽、ハワイアンなど幅広いジャンルのドラマー(アーティスト)として活躍中。

アーティストとして活躍するだけにとどまらず、ステージの企画、営業、運営も!!
また結婚式の司会も行うまさに多才な方なんです。

プレイヤーとプロデュースが同時にできる方はそうそういないと思いますがさすがです。
手の形も火のタイプなので、情熱的でいつも新しいことにチャレンジしたい・・ということがモチベーションになっているようですね(*^_^*)

50才すぎてからのHIroさんの今とはまた違った活躍ぶりが とても楽しみです♪


ドラム、アーティスト紹介、司会で大活躍のHiroさんのサイト

Hiro Box Music pro.