スキップしてメイン コンテンツに移動

部下に好かれる上司になる

とある40代の管理職の人の話
「最近の新入社員はこちらが気を使って接してもちょっとしたことがあると嫌になってすぐにやめてしまう・・」

「怒ってはいけない」とか「強い口調で注意しないように」と上から指示されているので、気をつけてそのように接しているのにも関わらず、ちょっとミスしただけで本人が自信をなくしてそのまま会社に来なくなってしまうこともあるようです。

管理職の立場からすると「彼らが何を考えているのかわからない」ということが大きな悩みではないでしょうか。

若い世代とコミュニケーションを取ることがむづかしい理由として彼らに意見を求めても「はい」か「いいえ」の簡単な返事しか返ってこなくて、褒めても叱っても反応が鈍く、どう接していいかわからないことがあると思います。

また動作もゆっくりでマイペースすぎるので、見ているとイライラしてしまう・・ということもあるのではないでしょうか。

「最近の若者は・・」とか「昔はよかった」と言いたくもなるかもしれませんが、こちらから相手を理解しようとしないと関係は改善されないので、少し考えてみたいと思います。

社会慣れしていない若者の共通点として

・挫折や失敗の経験が少ない
今まで親からも叱られたことがなく、さして大きな失敗もしていないので、未経験のことに対して失敗したらどうしようという恐怖や不安がある

・人からどう評価されているかが非常に気になる
否定的な評価をされると自信が低下するため、極端な場合は人との接触を避けることも

・人間関係をリアルに築く経験が少ない
SNSやインターネットの時代に生まれ、人に聞かなくても調べれば大体のことがわかるため人に聞くことが少ない、また携帯では文字のやりとりで会話が完結してしまうことが少なくない
つまり「生」のコミュニケーションが苦手

ということがあるんじゃないでしょうか。

こんなふうに生まれも育ちも受けてきた教育も違うので価値観が違うのは仕方のないことですが、人間はどうしても自分の「べき」が正しいと思いがちです。

「俺の若いころ先輩はもっと厳しかった」「誰も仕事を教えてくれなかったから自分で見て覚えるしかなかった」

だから部下に対して「仕事は、甘えないで苦労して自分で覚えるべき」という「べき」があるかもしれません。

「もっとはっきり返事をするべき」という「べき」もあるかもしれません。

でも「べき」は世代や育ちによって大きく異なります。

自分の「べき」が正しいからと相手に押しつけても反発されるばかりです。

また自分にとっての怒り、いらいらの原因にもなります。

昔は「飲みニケーション」などといって仕事が終わった後に社員同士で
飲みに行って仲良くなるという機会がありましたが、今はそんなことしたら「残業代がつかないなら行きません」と言われそうです。

今と昔の大きな違いは、育ってきた環境の違いも確かにありますが、昔は自分を理解してくれる人もたくさんいたのではないでしょうか?

怒りっぽい上司だけれど、なにくれとなく世話を焼いてくれたり、面倒くさいぐらい家族のことや趣味を聞いてきたり。

面倒くさいなと思いながらも自分に関心を持たれていることに嫌な気持ちはしなかったと思います。

現代には「お節介な人」が減っていると思います。

「とにかく人に迷惑をかけないように」が当然のようになっていて、人と関わることを極力避ける。

そうすることで、よけいに相手のことがわからず、理解できないという悪循環になります。

なんでも根堀葉掘り聞けばいいということではないんですが、仕事の合間などでは、部下がどんなことに興味を持っているのか、またどんなことが得意で苦手か聞いてみるということもいいと思います。

はじめは、なかなか話がはずまないと思いますが、そのうち話してくれるはずです。

そうして「この人は自分にとって安心できる存在だ」とわかると職場が彼らにとってもだんだん居心地よくなってきて、仕事のモチベーションも変わってきます。

「なんだか面倒だ」と思われるかもしれませんが、SNSなどの普及で生のコミュニケーションをとる機会が減っている時代背景もコミュニケーションが苦手な原因としてあります。

調べものが得意で理論では負けない彼らなので、実際に人の中に入りいろんな経験をしていくことで、能力を発揮していける可能性はあります。

部下に好かれる上司になる一歩として「自分のべきをおしつけない」「ちょっとしたお節介」をしていただきたいと思います。






このブログの人気の投稿

人から「悪い気」をもらったらどうしたらいい?

占いをしていると、相談者の方から「いろんな人の<気>をもらって疲れるんじゃないですか?」と聞かれることがよくあります。

とくに占いに来る人は、イケイケの人よりも問題を抱えていてご相談に来る方が多いわけですから、「ネガティブな感情を持った人=<気>が重い人」に影響を受けるんじゃないかと心配してくださるようです。

たしかに何年か前はそうでした。

1日に10件近い対面鑑定が週5日以上続くと体が重くなったり、凝ったりしたことがあります。

でも今は全然感じなくなったといっても過言でないくらい、影響を受けなくなりました。

以前よりも鑑定のペースが落ちたといえばそうなのですが、理由もあります。

占いを仕事にしていなくても「私は人の影響を受けやすくネガティブな人といると疲れてしまう」という方はいらっしゃると思います。

そういう方に共通しているのは、性格が明るく優しくて人の話をよく聞いてくれる人かな・・と思います。

困ったこと、悩みなどを聞いて相手に同調しているうちに後から「頭が痛くなってしまった」「体が重くて動かない」などの不調を訴えることが多いようです。

ヒーリングをお仕事にされている方はまた違った見解があると思いますが、パーミストリー講座で推奨している「生かす意志」での考え方では、人の影響を受けやすい人は「考え方、感じ方」に原因があると考えます。

1つの物事について真面目にいつまでも考え続けてしまったり、たとえば・・

「あ、この人重いな、嫌だな」と感じてその後「あ、もらっちゃうかも」と気になって考え続けていたり「あの人のあの<重さ>はどこから来てるのかな?なんでなんだろう」と考えつづけたり・・。

逆に人の影響を受けにくい人がいます。

簡単に言えば「考え続けない人」です。

現実生活でやる事が山積みで次から次にやることがある。

または充実した社会生活を送っている。

どちらの場合もふと「嫌な感じ」がしてもそれについて考え続けません。

考え続ける理由に「今起きていることに意味がある」という考え方があり、ある意味そうなのですが、あまり答えを探して無理に理由をつけても「思いこみ」である場合が多く、実際には意味がないことが多いように思います。


それよりも
・過剰に反応しないこと
・それについて考えすぎないこと
・その時「そう感じた(嫌な感じ)」で終わらせて、考えつづけないこと

を心がけた方…

マスカケ線の手相を持った人の性格

さていよいよ12月に入って、なにかと気ぜわしくなってきました(^^)

やはり年内にいろいろなことを決めておきたい!という方が多く、おかげ様で毎日鑑定と講座をやらせていただいてます。

今日はマスカケ線のことを紹介したいと思います。

「マスカケ線」というと徳川家康公と同じ「天下取りの手」とか「百握り」といい「幸運の手相」として話題に登ることも多いですよね。

たしかにますかけ線を持っている人は、全体数からいうと少ないのでそう言われるのもわかります。

じゃ「マスカケ線」の手相を持つ人はどんな人・・?というと一言で表現しづらいと思います。

手相研究家の大先生である浅野八郎先生の著書「手相学大鑑」によると「この手相を持つ人は、性格的に見ると個性の強い人が多いが、感情的にむらがある。
しかし、すぐカッとなるわりには、それを表情に出さないという一面を持っている。」
とあります。

職業だと技術系の仕事の人や医師、エンジニア、学者に多く、知能指数も130以上と高く、判断力、分析力の優れた人にかなり多く見られるそうです。

そして一見近寄りにくい印象を与えるが、本心は思いやりがあり、どんな職業でも全力を発揮して、指導的な役割をする人・・とも。

確かにテレビを見ていて、ゲストのコメンテイターの学者の先生の手がチラっと見えた時に「マスカケ線だった」ということが何回かありました。

最近知り合った心理学の先生の手も見事な「マスカケ線」でした。

風貌は・・というとやはり個性的で、一度見たら忘れない印象に残るタイプです。

ところが専門知識を持った学者さんではなくても主婦の方でも「マスカケ線」を持った人はいます。

「人から『この手相はいい』って言われるけれど、よくわからない」と言ってました。

印象も物腰もやわらかくて優しそう。。とくに個性的な感じではありません。

ただお聞きしてみると長年、子供さんの関係で小学校のPTA役員をやっていらっしゃるそうです。

学校と保護者の橋渡し的な役割で、どちらの問題も解決できるように頑張っていらして、どちらからも頼られる存在、とのこと。

「なんだか気がついたら、自分の子供の卒業後もやっているのよ(笑)人が困っているのを放っておけないし、子供にとって学校は、1日のうちの長い時間を過ごす大事な居場所になるわけだからね」とおっしゃってました。

マスカケ線を持っている人は、正…

覇王線を持つ男性

最強金運線、または億万長者の相ともいわれ、生涯お金に愛されて独立・起業に向くといわれている覇王線です。

運命線、成功線、財運線が1か所を起点として三角形を描いています。

また基本三大線の生命線、頭脳線、感情線がきれいにMの字を描いているように見えるので、好調な運気の波にのって充実している感じがします。

その他特徴的なところは、頭脳線が二股に先分かれしており、さらにそこから3つ股に分かれていることです。

頭脳線が小指方向に向かっているのは、コミュニケーション能力があったり商売に向いていることを表します。
また下向きに傾斜している線は、創造性を表します。
つまり2つの才能を合わせもつ、ということです。

その先もまた細かく分かれているので、かなり器用で色々な才能を合わせもつことが考えられます。
ただ、器用すぎてなかなか方向性が1つに定まらず悩みの種になっているかもしれません。
細かい線(とくに横線)が多いということは繊細で悩みやすいことも表していますので・・。

流年法で見てみますと50才~55才で開運しそうです。
55才くらいで2つの仕事にしぼられ、大成功を収めそうです。
外国に家を持つのか生活拠点も2つになりそうです。

こんな手相を持つ男性は・・

ジャ~ンこんな方です(゜.゜)!
HIroさんは40代ですが、本当にマルチな才能をお持ちです。
まずオールディーズ、グループサウンズ、洋楽、ハワイアンなど幅広いジャンルのドラマー(アーティスト)として活躍中。

アーティストとして活躍するだけにとどまらず、ステージの企画、営業、運営も!!
また結婚式の司会も行うまさに多才な方なんです。

プレイヤーとプロデュースが同時にできる方はそうそういないと思いますがさすがです。
手の形も火のタイプなので、情熱的でいつも新しいことにチャレンジしたい・・ということがモチベーションになっているようですね(*^_^*)

50才すぎてからのHIroさんの今とはまた違った活躍ぶりが とても楽しみです♪


ドラム、アーティスト紹介、司会で大活躍のHiroさんのサイト

Hiro Box Music pro.