スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

手相教室 開催します。

「アンガーマネジメント講座 理解編」(パーミストリー講座)は、相手のことを理解するために手相の基本知識を学ぶ講座です。

2013年4月から始まっており、今年の4月で丸5年ということになります。

始まった当初は「コミュニケーションのための手相講座」という名前で講座を開催していましたが、現在は「アンガーマネジメント講座 理解編」に名前を変えました。

基本的には第4日曜日12時30分〜16時30分に開催しています(月によって変動あり)

占いとして利用することもできますが、本教室では、自分や他人の感情の表現や思考のクセ、体力の有無などを知ることが主な目的です。

手相はコミュニケーションツールとして絶大な効果を発揮し、ほとんど初対面の人とでも、心の深い部分についての会話ができてしまいます。

そして仲がよい人はもちろんのこと、ちょっと苦手な人でも「ああ、こういう考え方だからこういう行動をするんだな」と納得することができます。

自分の苦手なタイプの人と接する時どうしても「嫌だ」という感情が先だちます。

そうするとやはり相手にも伝わってしまいますよね。

あまり関わりがない人だったらいいのですが、家族や毎日仕事で顔を合わせる会社の人、大事な取引先であれば、これは自分にとって大変なマイナスです。

そこで登場するのが手相です。

「なんだかこの人横柄な感じで好きじゃないな」という人の手を見せてもらうと手には繊細でひと目を気にする性格が表れていることも多いです。

そこで「そうかひと目を気にするから、そのために(自分を大きく見せるために)こういう振る舞いをしているんだな」とわかると安心できるだけではなく、なんとなくその人が可愛らしく思えてきます。

「でもたった4時間で手相が覚えられるんですか?」とよく聞かれます。

参加してくださった皆さんが口を揃えて言うのが「あっという間の4時間で楽しかった!」です。

手相の常識を覆すような話も出てくるので、興味が湧くようです。

自分の手をじっくり見ながら1つずつ線を見ていくと新たな発見もあって「自分にはこんな可能性があったんだ」と意外なことを発見することも多いです。

そして「あ、そうか自分はこういう考えグセがあるから物事を悪く捉えがちだったんだな」と手相を知ることで納得できることもあります。

そして手相に興味を持つことで、まわりの人の手も見てみようと思い…