少しずつ春の訪れを感じる今日この頃です(^^)

紫微斗数命盤の「命宮」や「疾疫宮」(両方とも自分を表す宮)に「化科星」を持っている人は、とても情が深く面倒見がよいということは以前のブログでも書きましたが、それにカバラ数秘術でバースナンバー(誕生数)「6」が加わるとよりその傾向が深まります。


*カバラ数秘術のバースナンバーの出し方*

(例 1977年3月6日生まれなら、西暦も全部分解してひとつずつ足していきます。

1+9+7+7+3+6=33→さらに分解して一桁にします。3+3=6→バースナンバー

*特例として合計が11の場合は、分解して一桁にせず11がバースナンバーになります。

 

カバラ数秘術で「6」は、調和やパートナーシップを表します。

6を持っている人は、自分ひとりで生きるなんてことは到底考えられず、とにかく相手を大事にします。

彼(彼女)や家族が第一優先です。


それ自体はとてもいいことですが問題もあって、それは「相手に尽くしすぎてしまう」ことです。

なんとなく自分は気が進まないことでも相手を怒らせたくない(喜ばせたい)ために知らず知らずのうちに無理をして、気づいたら相手のことを重たく感じていた・・ということもあります。


相手に合わせている方が楽ということもありますが、相手に合わせていることで相手が「この人は、自分が希望したことは何でもやってくれる」と甘えてしまうことは共依存にもなりえるので注意が必要です。


健全な人間関係は、どちらか一方が言ったことを一方が言いなりになって、いつも言う通りにしていないといけということはないと思います。

それは、健全な人間関係ではなく支配の関係です。


カバラ数秘術のバースナンバー6の人は、知らず知らずのうちにそのパターンにはまってしまいやすいです。


そして、そのパターンはよくないから変えなきゃと思いつつも慣れたやり方をやっていた方が楽なので、なかなか変えられないことも多いのです。


でもでもでも・・やっぱり幸せな恋愛や結婚をしたい!と思ったならここは頑張りどころです。


無理してでも相手に合わようとすることを勇気を持ってやめて、こちらからも相手になにかお願いをしてみる。


もしそれを否定されるようなら、あなたのことをそれほど大事に思っていないということです(シビアですが・・)


今のお付き合いが苦しい・・と悩んでいるようだったら、思い切ってそれをやってみることもありです。


「自分を大事にする人は相手からも大事にされる」という話はよく聞くと思いますが、そのとおりでワガママとは違います。


よく人に合わせてしまう・・という方におすすめしているのは、お友達とランチに行ったときに毎回ではなくたまには「私はこれを食べたい」と自分の食べたいものを言ってみる、ということです。


小さな一歩ですが、それができたときには今までと心境も変わっていると思います。


思いあたる方はぜひトライしてみてください(^o^)


自分の性格はなんとなくわかっていて、なぜ恋愛がうまくいかないかもわかるような気がするけれどどうしたら変えられるかわからない、という方に実践できるアドバイスも差し上げています。


自分を知ることが開運の第一歩だと思います。


これからどうして生きていくか?疑問がある方はぜひすっきりするためにいらしてください。


お待ちしています(*^^*)



こんにちは。

2021年も気づけば、ずいぶんと過ぎてしまいました(汗)

写真は、1月10日ころに撮った富士山です。



この時期に雪がない富士山は、本当に珍しいです(゚∀゚)


この数日で、変異したコロナウイルス感染者が私が住む静岡県内で出たということで、県知事が感染拡大緊急警報を出しました。


少し出かけることができるようになったかなと思っていた矢先の警報で、また不要不急の外出ができなくなってしまいました(泣)


外出して気分転換するのが好きな私にとっては、本当にストレスがたまります。


きっと同じように感じていらっしゃる方も多いかと思いますが、ここは頭を切り替えてコロナ明けに備えていろいろな準備をしておきたいですね。


現在のこの時期は、転職についてのご相談でお見えになるお客様がとても多いです。


コロナの影響で仕事が減ってしまって次の仕事を考えないといけない、または転職したいと考えていたのにコロナで足踏み状態になってしまった等のご相談です。


コロナ感染拡大の前から言われていたことですが、今までのように同じ会社にずっと勤めていれば給与が保証される時代ではなくなりつつあり、副業もOKになったり自分で起業してちょっとしたビジネスを始めるための準備をする傾向が近頃では増えてきているようです。


西洋占星術でも2020年12月から「風」の時代に入ったとされていて、今までのような有形(物質)の時代から無形(情報、知識)の時代に変わっていくことが予想されます。


お金さえ持っていれば大丈夫ということはなくなり、人と精神的につながることが今まで以上に大切になってきそうです。


「モノ」に今までのような興味がなくなり精神的な充足感を得られることに価値を感じる人が増えそうです。


だからこそなにか自分が興味があることや自分の持っている知識を磨いておいて、人の役にたてるようにしておくといいかもしれません。


今までは自分が何に興味があるのか特別考えたことがなかった・・という方もこれから来る風の時代に備えて意識してみるといいかもしれないですね。